ブログ

脂肪肝の原因は糖質とアルコールの摂取にアリ!?

肝臓と脂肪肝の関係性には、糖質とアルコールの分解が密接に関与しています。肝臓は、体内で様々な代謝機能を担っており、その中でも糖質やアルコールの代謝が特に重要です。


【肝臓と糖質の分解】

  • ブドウ糖の分解: 糖質は主にブドウ糖(グルコース)の形で摂取され、肝臓でブドウ糖が分解されます。この際に、エネルギーが生じ、肝臓はこれを利用して体全体にエネルギーを供給します。
  • グリコーゲンの合成: 食事から得られた余分なブドウ糖は、肝臓でグリコーゲンとして貯蔵されます。これは、エネルギーが必要なときにブドウ糖として再分解され、利用されます。

【肝臓とアルコールの分解】

  • アルコールの代謝: アルコールは肝臓でアルコール脱水素酵素によってアセトアルデヒドに変換されます。アセトアルデヒドはさらにアルデヒド脱水素酵素によって酢酸に変換されます。
  • 脂肪酸合成への影響: アセトアルデヒドの代謝過程で、NADH(ニコチンアミドアデニンジヌクレオチド)が生成されます。これが増加すると、肝臓は脂肪酸の合成を促進し、結果的に脂肪肝のリスクが高まります。


【脂肪肝との関係】

  • アルコール性脂肪肝: 長期間にわたるアルコールの摂取は、アルコール性脂肪肝を引き起こす可能性があります。アルコールの代謝によって生成されるNADHが脂肪酸の合成を促進し、肝臓に脂肪が蓄積します。
  • 非アルコール性脂肪肝: アルコールを摂取しなくても、肥満や糖尿病などの要因が引き金となり、肝臓に脂肪が蓄積する非アルコール性脂肪肝が発生することがあります。これも肝臓の代謝異常によるもので、糖質の代謝異常も関与しています。


【まとめ】

肝臓は糖質やアルコールの代謝において中心的な役割を果たしています。アルコールや糖質の摂取が過剰な場合、肝臓に脂肪が蓄積し、脂肪肝のリスクが高まります。バランスのとれた食事や適切な生活習慣は、肝臓の健康維持に重要です。

ご予約・お問い合わせは、
お電話やメールフォームより受け付けております。

Tel.080-3882-7251
メールフォームからのご予約・お問い合わせはこちら

注意事項

  • お客様⽤の電話です。営業の電話はご遠慮ください。
  • パーソナルトレーニング中は、電話に出れないことがあります。その場合、折り返しこちらからご連絡いたします。
  • ご連絡なしに30分以上遅れた場合は、キャンセル扱いとさせて頂きます。
  • ご予約は前⽇までに御願い致します。

【完全予約制】

〒810-0054
福岡県福岡市中央区今川2丁目11-14
大濠ルッソヴィータ N-1

営業時間 9:00~21:00
定休日 不定休

◆電車でご来店の方◆
地下鉄「⻄新駅」「唐人駅」から徒歩10分。
◆お車でご来店の方◆
当ジムには駐車場がございません。
近隣の駐車場をご利用ください。

詳しいアクセスはこちら

ご予約・お問い合わせは、お電話やメールフォームより受け付けております。

Tel.080-3882-7251
メールフォームからのご予約・お問い合わせはこちら

注意事項

  • お客様⽤の電話です。営業の電話はご遠慮ください。
  • パーソナルトレーニング中は、電話に出れないことがあります。その場合、折り返しこちらからご連絡いたします。
  • ご連絡なしに30分以上遅れた場合は、キャンセル扱いとさせて頂きます。
  • ご予約は前⽇までに御願い致します。

【完全予約制】

〒810-0054
福岡県福岡市中央区今川2丁目11-14
大濠ルッソヴィータ N-1

営業時間 9:00~21:00
定休日 不定休

[電車でご来店の方]
地下鉄「⻄新駅」「唐人駅」から徒歩10分。
[お車でご来店の方]
当ジムには駐車場がございません。
近隣の駐車場をご利用ください。

詳しいアクセスはこちら

TEL.080-3882-7251
メールフォームからのご予約
PAGETOP