全身のお悩みコラム

身体のむくみ・冷えでお悩みの方へ

「むくみ」や「冷え」は女性に多いお悩みの一つです。むくみは、体内の余分な水分や塩分が組織に滞留することによって引き起こされることがあります。以下に、むくみが起こる主な要因をいくつか挙げます。

身体のむくみ・冷えでお悩みの方へ

「むくみ」や「冷え」は女性に多いお悩みの一つです。むくみは、体内の余分な水分や塩分が組織に滞留することによって引き起こされることがあります。以下に、むくみが起こる主な要因をいくつか挙げます。

⚫︎血液循環の問題: 血液の循環が滞ることにより、体液や老廃物が組織にたまり、むくみを引き起こすことがあります。静脈やリンパ管の機能低下、血管の圧迫、血管の狭窄などが原因となることがあります。

⚫︎ 液体バランスの乱れ: 体内の水分と塩分のバランスが崩れることによって、むくみが生じることがあります。食事における塩分摂取過多、水分不足、ホルモンの変動、腎臓や心臓の機能低下などが関与することがあります。

⚫︎ ホルモンの変化: 特に女性に関して、ホルモンの変動がむくみを引き起こすことがあります。生理前のホルモンの変化による月経前症候群(PMS)や妊娠中のホルモンの変動がむくみを増加させることがあります。
 
むくみや冷えは、病気や血の巡りの悪さによって発症すると言われており、さまざまな不調につながります。


【むくみの仕組み】
むくみとは、体内の組織や体のある部位に余分な液体が蓄積されて腫れる状態を指します。通常、私たちの身体は心臓から送り出された血液が毛細血管へと行き渡ることで栄養素や酸素などの成分を供給しています。

ふくらはぎポンプの動作は、歩行や運動の際に特に重要です。ふくらはぎの筋肉が収縮すると、腓腹筋の収縮によりアキレス腱が引っ張られ、足首を伸ばす力が生じます。この収縮と伸張の動きは、血管内の血液を心臓に向かって押し上げるポンプのような働きをします。

ふくらはぎポンプは次のような仕組みで血液循環を促進します。
⚫︎収縮時: ふくらはぎの筋肉が収縮すると、静脈内の血液を押し上げます。この収縮により、ふくらはぎの周囲にある浅い静脈と深い静脈の血液が圧迫され、血液の流れが向上します。

⚫︎静止時: ふくらはぎの筋肉が休止状態になると、アキレス腱が伸びて血管を引っ張ります。この引っ張りにより、血管内の血液は心臓に向かって流れやすくなります。

このように、ふくらはぎの筋肉の収縮と休止の動作によって、血液が静脈から心臓に向かって流れる力が生まれます。ふくらはぎポンプの正常な働きは、血液の循環を助け、血液が下肢から心臓へ戻るのを支援します。
長時間の座位や運動不足など、ふくらはぎの筋肉が十分に働かない場合は、ふくらはぎポンプの機能が低下し、血液循環の問題やむくみのリスクが高まる可能性があります。

【むくみ解消方法】
適度な運動や足首の運動、足の位置の変更などを行い、ふくらはぎポンプの働ふくらはぎポンプの働きを促進するためには、以下のような方法があります。

⚫︎適度な運動: 歩行やジョギング、サイクリングなど、下肢の筋肉を使う有酸素運動を行うことで、ふくらはぎの筋肉を強化し、ふくらはぎポンプの機能を向上させることができます。

⚫︎ 足首の運動: 足首を回したり、足のつま先を上げ下げする運動を行うことで、ふくらはぎの筋肉の収縮と休止を刺激し、血液の循環を促進します。

⚫︎塩分の摂取量を制限する:一般的な成人の1日の塩分摂取量の目安は、WHO(世界保健機関)の推奨によれば5グラム未満です。加工食品や市販の調味料などに多くの塩分が含まれているため、食事の中で塩分の摂取を制限することが重要です。
※塩分は少なすぎても必要なミネラルが不足するため、身体に悪いと言われています。
精製塩よりも天然塩のほうが効率よくミネラルを補給できます。

⚫︎脱水症状: アルコールは利尿効果がある一方で、脱水症状を引き起こす可能性もあります。アルコールは尿の形で体から水分を排出するため、摂取すると体内の水分が失われやすくなります。この脱水症状が浮腫みを引き起こす原因になることがあります。

⚫︎長時間の座位を避ける: 長時間座ったままの姿勢を避け、定期的に立ち上がったり歩いたりすることで、ふくらはぎポンプの働きを活性化させることができます。

これらの方法を組み合わせて実践することで、ふくらはぎポンプの機能を向上させ、血液の循環を促進することができます。 
O脚は、体重が内側に偏っている状態が続くことで生じるため、バランス感覚を養うトレーニングも効果的です。 シングルレッグバランス:片足立ちでバランスを取るトレーニングです。壁や椅子に手をついて、バランスを取りやすくすると良いでしょう。
【むくみをもたらす病気】
⚫︎高血圧: 高血圧は、血管内の血圧が通常よりも高くなる状態を指します。高血圧によって、血管壁やリンパ管が損傷を受け、組織に余分な液体が滞留しやすくなり、むくみが生じることがあります。

⚫︎腎臓病: 腎臓病では、腎臓の機能が低下し、体内の余分な水分や塩分が排泄されず、体液が滞留することがあります。腎臓による尿の生成や浄化機能が低下すると、むくみが生じる可能性があります。

⚫︎心不全: 心不全は、心臓が正常に機能せず、血液を十分に体中に送り出せない状態を指します。心臓のポンプ機能の低下により、血液が循環不全を起こし、むくみが生じることがあります。特に足首やふくらはぎにむくみが見られることが多いです。

ただし、むくみや循環の問題が持続する場合は、医師に相談することが重要です。医師は適切な評価を行い、必要な治療やアドバイスを提供してくれます。

【冷えのタイプ】
⚫︎血行性冷え: 血液の循環不良によって引き起こされる冷えです。手足の末梢部分が冷たくなり、冷えを感じることがあります。血管の収縮や血流の減少が原因となります。

⚫︎内臓性冷え: 内臓器官の機能低下や代謝の低下によって引き起こされる冷えです。代謝が低下することで体温が下がり、冷えを感じることがあります。

⚫︎女性特有の冷え: 女性に特に多い冷えです。生理周期やホルモンの変化によって血液循環が乱れ、冷えを感じやすくなります。

⚫︎神経性冷え: 神経の機能障害によって引き起こされる冷えです。神経系の問題により、体の末梢部の感覚や血管の収縮・拡張の調節が乱れ、冷えを感じることがあります。

【美整-BISEI-のむくみや冷えのアプローチ方法】
筋肉のバランスの乱れ: 骨盤の歪みは、周囲の筋肉のバランスを崩すことがあります。特定の筋肉が緊張し、他の筋肉が弱まることで、血液やリンパ液の流れが滞り、むくみが発生する可能性があります。
むくみや骨盤の歪みに関しては、医師や専門家に相談することをおすすめします。彼らは具体的な状況を評価し、適切な診断と治療を提供することができます。また、適切な姿勢の維持やストレッチ、適度な運動なども骨盤の歪みやむくみの管理に役立つ場合があります。
姿勢評価の目的は、身体の正しい姿勢を維持することで、身体機能や健康状態を最適化することにあります。
#西新パーソナルジム#パーソナルジム西新#西新整体#整体西新#むくみ解消#冷え解消

ご予約・お問い合わせは、
お電話やメールフォームより受け付けております。

Tel.080-3882-7251
メールフォームからのご予約・お問い合わせはこちら

注意事項

  • お客様⽤の電話です。営業の電話はご遠慮ください。
  • パーソナルトレーニング中は、電話に出れないことがあります。その場合、折り返しこちらからご連絡いたします。
  • ご連絡なしに30分以上遅れた場合は、キャンセル扱いとさせて頂きます。
  • ご予約は前⽇までに御願い致します。

【完全予約制】

〒810-0054
福岡県福岡市中央区今川2丁目11-14
大濠ルッソヴィータ N-1

営業時間 9:00~21:00
定休日 不定休

◆電車でご来店の方◆
地下鉄「⻄新駅」「唐人駅」から徒歩10分。
◆お車でご来店の方◆
当ジムには駐車場がございません。
近隣の駐車場をご利用ください。

詳しいアクセスはこちら

ご予約・お問い合わせは、お電話やメールフォームより受け付けております。

Tel.080-3882-7251
メールフォームからのご予約・お問い合わせはこちら

注意事項

  • お客様⽤の電話です。営業の電話はご遠慮ください。
  • パーソナルトレーニング中は、電話に出れないことがあります。その場合、折り返しこちらからご連絡いたします。
  • ご連絡なしに30分以上遅れた場合は、キャンセル扱いとさせて頂きます。
  • ご予約は前⽇までに御願い致します。

【完全予約制】

〒810-0054
福岡県福岡市中央区今川2丁目11-14
大濠ルッソヴィータ N-1

営業時間 9:00~21:00
定休日 不定休

[電車でご来店の方]
地下鉄「⻄新駅」「唐人駅」から徒歩10分。
[お車でご来店の方]
当ジムには駐車場がございません。
近隣の駐車場をご利用ください。

詳しいアクセスはこちら

TEL.080-3882-7251
メールフォームからのご予約
PAGETOP